2012年5月30日水曜日

20120526 BRM526青葉600鳥坂峠(後半)


前半は「こちら」からどうぞ。

ルートはこんな感じ。後半はPC3からゴールまでのお話。

2:40頃目が覚めたので、準備を始めると同じ部屋にいたはずの5人はもういない。
去年もそうだったから、驚かないよ~(・∀・)

下りの装備は悩んだけど、予定通りに着込むことにした。
・長袖インナー(ウインドブレーク)
・半袖インナー(3シーズン用)
・ネックウォーマー
・腰に貼るホカロン
・Defeetのデュラグローブ(インナーグローブとして使用)

…これだけ着込んだけど、走りだして5分で後悔したのは内緒。

ホカロンが暖かくなるのを待つ間に、おにぎりとやきそばパンを食べる。
3:30ロッジ出発。

26km先の韮崎の通過チェックまで40分弱で到着。
下るだけだから予定通りの時間だね。

夏装備にチェンジして、ドリンクだけ買ってすぐに出発。
この時間であればR20の交通量は少ないので、補給は走りながらで十分。

4:20甲州街道に入る。
富士見峠まで35km、6:30に到着すれば諏訪湖のPCには間に合う計算。

少ないとはいえ信号にひっかかるので、20km/hは切らないように走る。

金精軒の近くでyoonさんをパス。

道の駅はくしゅうのあたりが中間地点、40分ちょっと。
もう間に合うのは間違いなし。

しばらく行くと、ブルベライダー発見。
けーこさんでした。
「今年は順調ですねー」って声をかけたら、
「寝てないのー」だって(゜д゜)!
先行ってくださいって言われたので、次のPCで会いましょうとお別れ。

田んぼに写った青空がきれい

最後のヘアピンあたりの温度計を見たら9度だった。

ん?待てよ…

昨日の野辺山は10度だったのに、こっちの方が寒いの?


どうなってんだーーーー!(#゜Д゜)ゴルァ!!
登っている分には寒くない。というか気持ちいい気温に感じる。

富士見峠には5:50到着。
90分で着くなら、もっと仮眠できたんじゃね?(爆)

手がひんやりしたけど、緩い下りなのでそのままの格好で下るも、
西に向かって下るから日陰が多い、忘れてたよ…

でも、上着を着なくてもなんとかなったので、そのまま走ることに。

諏訪湖の湖畔に来るとお腹が空いてくる…去年と同じミス^_^;
登りながらおにぎりと一口羊羹を食べたのになぁ…

PCまでどれくらいかな?とGPSに聞いてみたら…
「PC?そんなの知らねー(゜⊿゜)」だって

あれ、登録しなかったっけ?
まぁ、場所はだいたいわかるから大丈夫でしょう。

だらだら走って6:45PC4に到着すると、オギさんがいた!
ようやく会えた~!スタート直後に別れてそれっきりでしたね♪

ここでGPSを改めてチェックしてみると、ウェイポイントが全部消えてる~(*_*;
PCもグルメポイントも出てこないー。
ブルベ中に必要なお店の情報はスマホに入っているから当面の被害はないけど、
GPSの故障だと困るなぁ。

そういえば、去年の鳥坂600もGPSの不調があったなぁ。
GPS買い替えたのに、こういうのって続くのね…

このPCを出る時点で最後尾のメンバーを把握できたので、
みんなでゴールできたらイイね!と思いながら出発。

ここから鳥坂峠までは平和な区間だけど、
諏訪湖の南岸から甲州街道に向かうところはどうもペースが落ちる。

富士見峠はとりあえず20km/hキープで登り切る。

向かい風だけど、それほど強くはないので、回復走のつもりでクルクル。

道の駅はくしゅうで給水。
そろそろ出るかな、とR20を見るとオギさんが通過。

追いかけてみるも、次に見えたブルベライダーはふぃりっぷさんだった。
あれれ?

竜王からの側道灼熱地獄(日向で信号待ちを強要される)をクリアして、PC5へ。
4~5人先客がいたけど、日陰を確保できて一安心。

Google+でやり取りさせていただいた岩崎さんに声をかけていただき、ご挨拶。
せっかく買った日焼け止めを使う前にゴミ箱に放り込んだらしく、
もう一度購入されてました(^^♪もう疲れてますからね。

わかっていたことだけど、甲府暑いー。
鳥坂峠の斜度よりもこの暑さの方がマズイ…

鳥坂峠の頂上までで、ボトルの中身を空にするくらいのつもりで行かないと
熱中症が怖いな、と感じた。

なかなか走る気にならないので、鳥坂峠を未体験な方々にそのキツさをお話しして、
やる気を削いで差し上げるw

いっそ涼しくなることを期待して、そばでも食べに行こうかと思ったけど、
それは止めといた。

ぐだぐだしていると、最終走者のyoonさんまで到着。
1時間以上ここにいるなぁ^_^;

オーベストジャージ&パオパオジャージのお二人が出発しそうだったので、
勝手に混ぜていただいて鳥坂峠へ。
見るだけで暑そう…
いや、実際暑かったんですが

最後の信号まではのんびりだったけど、オーベストジャージの方が先行したので、
付いて行く。

いつもどの辺走っているの?とか、月どれくらい乗るの?とかお話ししながら登っていく。

目玉の直登に差し掛かると「おー、いいね~♪」だって。
物好きだなー。でも、気持ちわかりますw

直登が終わって休憩ゾーンを過ぎて、いよいよ路面に溝が入った激坂ゾーンへ。
道幅が広いから、斜度はあまり感じないけど、確実にきつくなっている。

そんな激坂を登って行くと、途中から登坂車線が登場!
なんでここから?wって感じ。

直登が終わってつづら折れに入れば斜度は緩くなりますよって言ったら、
ペースを上げてくださる(T_T)

あと3~4kmだけど、ここでちぎれて一人旅ってのも癪なのでとりあえず付いて行く。
「先行っていいよ」って言われたけど、「いっぱいいっぱいです…」と丁重にお断り。

このあたりで二人抜いたけど、「何やってんだ、あの2人?」って思われただろうなぁw

ラスト数百メートルで「あともう少しですね~」と伝える。

  すると…

    やっぱり…

シフトアップして、ダンシング開始~!(*_*;


最後くらいは頑張ろうってことでパスして、前輪分くらいの差で山岳賞ゲットw

ゴールのトンネル

メインの峠で練習するとは思ってもいなかった。
けど、辛い時間は短くて済んだからこれはこれでありだね。
*良い子は真似をしてはいけませんw

「いい練習になったよ、ありがとう」と言われ、
「こちらこそ、ありがとうございました!」と握手。
いいね~、これぞブルベだね!(違)

久々に頑張って走ったので、楽しかった♪
ボトルの中身を頂上で一口飲む分だけしか残さなかったぞ!

下って自販機でスポーツドリンク500mlを飲み干して、ボトルの中身を補充。

精進湖ブルーラインへの下りでお二人と再合流して、精進湖まで登り。
風が涼しいし、サイクリングペースで登ったのであっさりとトンネルに到着。

通過チェック代わりのクイズの答えをブルベカードに書いて、精進湖の湖畔でコーラ休憩。
あれ、さっきも飲み物飲んでなかったっけ、自分?

精進湖からの富士山は実に惜しい感じ!
山頂に少し雲がかかっちゃったね~

しっかり写真を撮るお二人とはお別れして、山中湖へ向かう。

鳴沢から富士急あたりまでは追い風~!
風速も結構あったので、かなり楽だった♪

昭和大学入口あたりから向かい風になったけど、無理せずクルクル。

山中湖ICのあたりからはなぜかペースが上がり、
向かい風の山中湖の湖畔もしのいで、15:30PC6に到着。

明るいうちに道志みちを抜ければいいので、
PCのすぐ近くにある「リールカフェ」に寄り道。
得製正油ラーメン大盛り
ピンク色のはレアチャーシューです。
パサパサ感がなくて、美味しかった♪

カフェっぽい外観だから大盛りでも大したことないだろうと思っていたら、
意外と量があったぞ…(*_*)

16:30道志みちへ。
この時間なら明るいうちに道志みちは抜けられる。

山伏峠のゲートから先は、恥も外聞も捨ててインナーを使う。
鳥坂峠で頑張った代償は大きいね…ハハハ

大渡の湧き水を補給して、青山に着いたのは17:55。
この先は信号が多く、なかなか進まない。

上溝あたりでなぜか一本手前を左折してミスコース。
50mくらいで気づいたので、傷は浅かった…^_^;

19:10過ぎにゴールのコンビニ到着。
ようやくSRゲット!

ブルベ中の走行時間は23時間30分で、Ave.25.6km/hでした。
これで全ての目標を達成できました、メデタシメデタシ。

ゴール受付のデニーズに行くと、竜胆さんが帰るところで「お疲れ様でした」とご挨拶。
店内にはスタッフさんの他に、先にゴールしたふぃりっぷさん、岩崎さんがいた。

スタッフの越さんにゴールした旨をツイートしてもらったり、
パフェを食べたりして、参加者やスタッフさんと談笑。
ファミレスだとのんびりできるね♪
デビルズブラウニーサンデー

とり。さん、けーこさん、オギさん、yoonさんも帰ってきたー。
皆さん、お疲れ様でした\(^o^)/

とり。さん、オギさんと一緒に帰宅の途につき、22:50帰宅。

決して楽じゃなかったけど、楽しかったな。
今まで一緒に走ったことのない人達と走ることもできたし。

VCR青葉のスタッフさん、参加者の皆さん、応援してくれた皆さん、
ありがとうございました!
コメントを投稿