2012年7月21日土曜日

20120716 のんびり関宿ひまわりツーリング

16日(祝)は、Cyclestyle Caféの企画「のんびり関宿ひまわりツーリング」に参加してきました。
*「のんびり」の位置に注目(謎)


来るべき夏に備えて、暑さに慣れるのが目的。
気温30度以上、日陰のない河川敷なんて、うってつけ♪(壊)


集合場所の寅さん記念館までは極力日陰のあるルートで行く。
暑さ対策は段階を踏まないと、体調を崩しますからね…


早く到着しそうだったので、水元ダーシャに行ってみるも、やってない…
補給失敗だ。。。


コンビニに寄ることなく10分前に集合場所に到着するも、皆さんお揃いでした。
このメンバーはいつも集合が早いんだよなぁ…


そうそう、tomoさんが自分と同じMAGICOOL(首に巻く冷却材)を使っていました♪
これ巻くと暑さにやられにくくなる気がする~。


さすがに無補給はつらい、けど固形物は手に入りそうもない…
そこで、ポカリ500mlと梅ソーダ350mlを飲み干してカロリーゲット。
まぁ、気休めにはなるだろう^^;


「一般人の参加者が少ないので、2班に分けずに一斉スタートにします」とroakyさん。
お決まりのピンポンダッシュ(←あんこさんが命名)でツーリング?開始。


追い風だったこともあり、ペースは速め。


数km行ったところで、先頭集団はroakyさん、雨男さん、あんこさん、自分の4人に。
結局2班に別れてますけど…アハハ


ところどころ、あんこさんを待つ間はペースが落ちるものの、
それ以外はコスカボで来て本当に良かったと思える速度域で進行。


約30km先の龍Q館まで所要時間は50分程。
家から龍Q館まで75km、一般道とCRが半々くらいで、平均速度30.8km/hでした。
追い風すげーwww


10:30に龍Q館でりえさんと合流とのことでしたが、なんと10:00前に到着。
これなら何か補給できるかな♪


…なんて思っていたら…


既にりえさんがいる(@_@;)


関宿城までは無補給かー、持つのか??


でも、りえさん合流後はペースが落ち着いたので、なんとかなりそう。
追い風だから負荷かけなくても進むのが素敵♪


途中江戸川CRから富士山が見えた。写真はないけど…


roakyさんは試走していたはずなのに、なぜか迷走してからひまわり畑に。
結構見事に咲いてますよ♪


青空とひまわり


なんとか関宿城まで辿りつけた。
牽いてもらう時間が長かったから、なんとかハンガーノックにはならず。


アイスとポカリを買って、エアコンの目の前の席でクールダウン。
途中から「これは冷えすぎる…」と思ったのは内緒w


関宿でのんびり休憩したので、企画の名前に偽りなしってことになりましたw


関宿動物園?をチラ見して、利根川CRを走る。
芽吹大橋のちょっと先で一般道に降りて、自販機へ。
暑い時期は無理をしないのが大事♪


豊園茶舗」で抹茶ソフト~


江戸屋川魚店」で鰻重(上)~。
肉厚な鰻、美味しかった!


流山橋で解散となり、akioさんと一緒に江戸川峠を走る。
25km/h以下のゆるゆるペースで寅さん記念館まで。


ジュースを飲んで、akioさんと別れて、R6を走る。
渋滞がうざい。。。


靖国通りは信号が多いから回避して、飯田橋方面を通って、
四谷のセブンで休憩。


太陽が高層ビルの影に隠れるまで時間を潰して、
帰宅することに。


「都心部デモのため交通規制あり」との電光掲示板を見たので、
新宿駅前を回避して、井の頭通りへ。


参宮橋の先で見た立て看板には「12:00~19:00交通規制」と書かれていた。
長すぎじゃね?


山手通りの先にある坂で頑張ろうかと思ったけど、
車が多かったので止~めたw


愉快な仲間と走れて楽しい1日だった♪


ルート

2012年7月20日金曜日

20120714 箱根までサイクリング

14日(土)は、箱根に行って来ました。


雨上がりだったので、出発は遅め。


尾根幹を走るも、調子が悪い。
サラ足のはずなのに…


南風が強かったので、相模川沿いは回避してR412で南下する。


暑いし、向かい風だし、調子悪いし…と三重苦で大磯のコンビニにたどり着く。


とりあえず、小田原までと思い、「守谷」を目指す。
結局食べ物かいっ┐(´∀`)┌ヤレヤレ
あんぱんとジャムパン


食べるもの食べたので、とりあえず箱根に向かう。


ルートはもちろん距離の短い旧道。
最初からインナーでくるくる。


あれ、畑宿ってこんなに遠かったっけ?


畑宿から先は34×25のインナーローを解禁するも、七曲りの4つ目のカーブで撃沈…
10km/hを割ってしまったorz


あとはヨロヨロ登って、芦ノ湖へ。


気温は21度だったけど、曇り空で風があったので、かなり涼しかった。
アイスを食べるのは自重しておいた。


霧の中を登って行って箱根峠からK20を下る。
だいたいこんな感じで、霧が濃くなると視界は20mほど


熱海峠から下は霧もなくスッキリ!


久遠」でランチ。
パイナップルデニッシュとカスタードクリームを後から入れてくれるパン 


湯河原の先でR135を離れて旧道を走る。
車が少ないほうが走りやすいし、時間も早かったので。


小田原で休憩して、「めぐり」でも休憩。休みすぎだ…
きなことヨーグルトのジェラート


まだ明るいし、夕飯いらないと言ってしまったので、適当に走って帰ることに。


南風が吹いていたので、とりあえず北に向かう。
座間のひまわり会場や相模線沿いを走って、上溝からブルベルートを走る。


信号地獄にはまりながら考えることは「夕飯、何食べようかなー」
結局食べ物かいっ┐(´∀`)┌ヤレヤレ


あ、つけ麺の店が南多摩あたりにあったはず。


え、南多摩?
登らなきゃダメか…


尾根幹を越えて、裏連光寺を越えて、やっとたどり着いた~(;´Д`)


三歩」でつけ麺


せっかく追い風だったのに、北上しすぎてしまい、最後は向かい風だったよ(苦笑)


ルート

2012年7月2日月曜日

ラジアルタイヤのインプレ

ラジアルタイヤって何?って感じでしたが、クリンチャーだし、乗り心地良さそうだし、
何よりも新しいものが好きなので、とりあえず買ってみた。


一回しか乗ってないけど、インプレ書いてみます。

<前提>
身長・体重 174cm60kg
空気圧   前7.2bar、後7.5bar
チューブ  ミシュラン・ラテックス
ホイール  Mavic Cosmic Carbon SLR 2010

*それまでのタイヤはアルトレモR.1です。
*タイヤ以外の条件(空気圧やチューブ)は同じです。

<装着まで>
通常のDiamanteと変わらないパッケージから出してみると、
Continental GR4000Sに似た黒光りっぷり。

持った感じは軽い。実測はしていませんが…

触った感じは、サイドとトレッドで厚みがかなり違う。
通常のDiamanteと比べるとトレッドの厚さに安心感を覚えるが、
GP4000Sなどと比べるとサイドの薄さが気になるかも。

いざ、ホイールに装着してみると、硬い!
650cと間違えたかと思うほど、はまらない。
通常のDiamanteは、タイヤレバーなしで脱着できたのに…
タイヤレバーを使ってなんとかはめたが、今までに使ったタイヤの中で
ダントツのはめにくさでした。
噛み込みもなく、一度で終えることができてホッとしたw

ホイールにはめていると、ビードの部分から「ブチブチッ」と音がした。
これはどうやら仕様らしいです。


いつもと同じ空気圧を入れてタイヤを触ってみると、明らかに柔らかい。
けど、空気圧は同じなのでそのまま走ってみる。

<実走>
乗り心地が凄くイイ!
今までだと、アルトレモR.1VeloflexBlack、通常のDiamanteなどが
乗り心地が良かったけど、このタイヤは異次元。
いつも走っている道に絨毯(2枚くらい)が敷かれたようだった。

転がり抵抗は特に気にならず。
違いがわからない人間なので^^;

グリップは問題なしというか、良い方だと思う。
高速でコーナーに入っても問題なかったし、ブレーキングも問題なし。
ある程度以上自転車を傾けると、タイヤが横方向に変形しているのか、
ロードノイズが変わる。

縦溝が切られた路面だと、溝にはまるたびにタイヤが変形しているのか、
ぐにゃぐにゃした感じがある。最初はびっくりした。

登りは…タイヤが違うからといって特に違いが出ることはないと思うけど、
多少の凹凸はなかったかのように進むので、ロスが減るという意味では
荒れた路面で有利になるかもしれない。

<その他>
たった1回の走行なので、耐パンク性能や耐久性はわからない。


<まとめ>
自分ではめなくていいなら、喜んで使いたい(笑)
チューブラーやチューブレスってこれよりも乗り心地がいいのかな?

2012年7月1日日曜日

20120630 ブルベお見送り&迎撃&富士山一周

30日(土)は、BRM青葉630富士200と400が同日開催だったので、
200をスタート地点でお見送りし、ルート上の最高地点で400を迎撃し、
最終的には富士山を一周してやろうと、走って来ました。


6:25くらいにスタート地点に行くと、お見送りのイーチョさん、mamoさんにご挨拶。


「LEGONさんですか?」と声をかけられたので、自己紹介をすると、
LEGONの「かわさん」でした。初めまして♪


参加者のPIPIさんやたけさんともご挨拶して、ブリーフィング会場へ移動。
天気がイイね!
お見送りの方も結構いました。


ブリーフィングが終わって、かわさんに「小アンさんに会えた?」と聞くと、
まだだというので、小アンさんに声をかけてキューピッド業務だん。


スタートを見送って、なるさん、TETSUさんとも合流して話をしていると、
なるさんはここに来るまでに落車したそうで、今日はこのまま帰るとのこと。
お大事になさってください。


TETSUさんとともに
photo by なるさん


TETSUさんと尾根幹を走っていると、多摩南野の交差点で事故現場に遭遇。
右直事故のようだが、なんでここで?
バイク乗りは横たわっていて、動く気配がない…


一旦落ち着く意味で南野のセブンで小休止をして、宮ヶ瀬方面へ。


嫌いな串川沿いのアップダウンもなんとかやり過ごして、串川橋でTETSUさんとお別れ。
なるさんの代わりは務まりませんが、ブルベな走り?で接待しておきました(^^)v
練習しない人だから練習ベースでは走れませんからね…


先週と同じく関の分岐を左にいって、鳥屋郵便局を右折して、道志みちへ。


青野原セブンで休憩し、道の駅へ。
豚串~♪
いざ、先週行けなかった山伏峠へ!\(^o^)/


直登の1本目で前走者が見えたものの、頂上まで捕獲できず。
うーん、差は詰めたんだけど、直登を抜けた緩斜面での速度の伸びが足りなかった模様。
言い換えれば、急斜面で頑張りすぎですね…

24:30くらいで頂上に着いたので、最近にしては良い感じだけど、3.9W/kgだってさ^^;


山中湖の湖畔は車も少なくて快適。
せっかく?なので、花の都公園の方に行ってみると…


菜の花が咲いてた~!
昼時になったので「くらよし」でランチ。
冷やしたぬきうどん


さて、食事したし次はデザートか…
というわけで「富士ミルクランド」へ。
キャラメルアーモンドと三ヶ日みかん


ブルベではおなじみの上井出のファミマで補給食を仕入れて、いざスカイラインへ。
14km、6.6%の登りです。塩山側からの柳沢峠と同じような感じかな。


標高1000mで、18度でした。
登っていてもそれほど暑くない。


途中でFDのトリム操作したら、インナーに落ちてしまった!
なんとかして復旧を試みるも、うまくいかず…


仕方ないので、インナーで登ることに。
ブルベライダーーが下ってくるかもしれないので、カメラを持って走るも、
なかなか来ない。


ツイッターの情報とかを整理して、走ってくるコースと所要時間を考えてみる。


結論:下ってくるはずがない!
カメラをしまって登ることにw


淡々と登っていると、黒い車が横付けしてきた。
青葉のスタッフさんでしたw


「ブルベライダー見た?」って聞かれたけど、
「見てないよ~」と答える。


「いいペースで登ってるね~」って言われたけど、
追いつかれてから少しペースアップしたかもw


「この先、ガスってて、少し降ってるよ」って言われたので、
「レインジャケット、シューズカバー、長指グローブはある」って答える。


1時間くらいで五合目への分岐に到着。
思っていたよりは早く着いたなぁ。ここは3.5W/kgでした。


御殿場側から登るより斜度の変化が少なくて、激坂もないので、
こっちの方が楽かも…


五合目はここからさらに13km登るのか、遠すぎる…
今日は行かないけどねw


水ヶ塚駐車場にスタッフさんいるかなぁと思って減速していると、
「ジョージくん!」と呼び止められる。


「速かったね~」と言われたよ(^^)v


15分くらいして、200の先頭が来た。
スタッフに混じって、がんばれーとお見送り。


売店でおみやげを眺めて、30分ほどスタッフさんと談笑して、
レインジャケットを着て、御殿場側へ豪快なダウンヒル開始。


すれ違うブルベライダーに手を振ったり声をかけたり。


たけさん、小アンさん、PIPIさん、かわさんとスタート地点で挨拶した人はみんな発見できた。


中には「えっ?早い!」って、声が聞こえた。
いや、ゴールして戻ってきたわけじゃないですよ。
もしそうだとしても、スカイラインを登り返すなんてコースは選びませんっ!


ぐみ沢丸田の交差点で、レインジャケットを脱ぎつつ、ブルベライダーを観察。
400っぽい参加者もいるけど、知り合い来ないなー。


20分ほど待ったけど、知り合いはいなかったので、帰ることに。


長尾峠とか足柄峠とかも考えたけど、山の方は雲が厚かったので、
おとなしく平地で帰ることに。


とはいえ、R246はつまらないので、松田から東名高速の脇を通って、
小田厚の側道へ。


予報どおり追い風でスイスイ。


本厚木の「なまらうまいっしょ」で豚丼。
肉たっぷり~♪


家までの10kmくらい、信号のつながりが良かったせいで、
インターバルのはずが休憩がなくてつらかった…


獲得標高は3000m越えてた。
それでも200kmブルベの方が登ってましたね…アハハ


目的のうち、400kmの迎撃はうまく行かなかったけど、
楽しく走れたので、よしとしよう♪


スタッフさん、ブルベ参加者の皆さん、お見送りにきた皆さん、
ありがとうございました\(^o^)/


ルート