2012年10月25日木曜日

20121020 ブルベのお見送り&お出迎え

20日(土)は、BRM1020青葉300渡良瀬のお見送り&お出迎えに行って来ました。

5:15にスタート地点に着いた。
自分が出走するブルベだともっと遅いんだけどね~(^^ゞ

青葉のスタッフさん、小アンさん、PIPIさん、お見送りのシン3さんと談笑。
走ればいいのに~って言われたけど、コースのプロファイル的に無理です…

PIPIさんのスタートダッシュを見届けて、5:50にサイクリングに出発。
6:30スタートもあったけどね…そんなに待っていられない。

多摩川原橋からの日の出♪
水道橋から見た方がきれいだったかな…

この日の目的はアンダンテに行くことなので、尾根幹は多摩卸売市場まで。
尾根幹に入る手前で速い列車に抜かれたので、ちょっと距離をおいて速度計測w

40km/h巡航でしたね。

尾根幹に入っても見えていたけど、スタートダッシュが速いので置いていかれた…
そんなところで足使うわけにはいかないのです^^;

上溝から高田橋に抜けて、相模川右岸を南下。
風なし、対向車多めで思ったほど、序盤はイマイチだったけど、
昭和橋のあたりでトラックに抜かれたので、そこからはスイスイ♪
ほどよいペースで牽いてくれたので、楽しかったw

R1は車少なめで走りやすかったので、小田原までのAve.30km/h
ここまでの距離がいつもより15km多くてビックリΣ(´∀`;)
ルートが違うから仕方ないね~w

R135も車が少ないぞ。
石橋ICの上から見たら車がいなかったので、西湘バイパスは通行止めかと…w

湯河原からの登り(2.1km、4.9%)は頑張ってみる。
それでも4.7W/kg…

熱海に到着してもAve.30.2km/h。あれ、上がった?

伊豆多賀までの登り区間にやられたけど、平地でなんとか復活して宇佐美へ。
今思えば、ここの下りで車にブロックされたのが悔やまれる(謎)

川奈への旧道に入ったら、あと15km。
なんとかAve.30km/hでアンダンテまで!と思い、頑張ってみる。

海女の小屋からの登り(1km、7.7%)は過去最速の走りでクリア♪
ここは5.2W/kg

あとは気合で…と思ったら、富戸の登り&灯台手前の登りで撃沈orz

ヘロヘロになりながら、アンダンテに到着。

目的地に到着したところで燃え尽きた。。。
ペース配分はちょうど良かったな♪
(え、あと150km走らないと帰れないの?困ったなぁ…)


メーターを確認すると…
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
いくらなんでもあんまりだよ、
150km走って0.1km/h及ばないって…

でもまぁ、お姉さんの笑顔と美味しそうなパンを見れば、
そんなことはどうでもよくなるわけで…

「これから寒くなるから見納めになりますかねぇ?」
「いえ、寒くなった方がこっちの方に来ますよ♪山に行かないので…」
「あはは、お待ちしてます(^^)」
…なんてやりとりがあったり。

チーズのパン、クリームパン、りんごんを買って、ローソンへ。
外パリパリ♪

中はチーズごろごろ


クリームぎっしり!

りんご丸ごと1個入ってます(゚д゚)!

空を見てみると天城方面は結構雲がかかっていたので、このまま折り返そうかな…
なんて思ったけど、それじゃ面白く無いので、大室山へ向かう。

が、全然登れない…
なんとか倒れない速度で登り、大室山をぱちり。
雲の影が写っている。
カジキっぽい?

一碧湖方面に逃げちゃえ♪という誘惑を振り切って、鹿路庭峠へ向かう。
この区間は斜度が緩かったので、なんとかクリア。

修善寺まで下って、狩野川右岸の県道をサイクリング。
無理やり伊豆急行線の踏切を渡らないルートで大場まで。

予定では函南駅の北側を通ってR1に出るつもりだったけど、そんなに登れないし、
西からの風が吹いていたので、風に乗って熱函を登ることに♪
ルートを変更してもいいんです、ソロ&ヘタレだから。

途中で富士山をパチリ♪
肝心なところが…orz

追い風に乗って快調に登り、熱函の旧道からオラッチェへ。

ソフトクリーム
ものすごい形状になっているけど、溶けたわけではない…
たれた感じが走りと合ってるね♪って、大きなお世話です(・へ・)

笹尻から旧道を下って、R135に合流。
帰りも車が少なくて(・∀・)イイ!

それでも湯河原からは旧道へ。
こっちの方が景色をゆっくり楽しめるからね♪
写真だと伝わらないかな~。
太陽の光が帯のように見えていたんだけど。

止まると波の音しか聞こえない…



吾妻橋から富士山が見えた!
けど、止まれなかったのでその先で。。。
ノイズがひどい…。・゚・(ノД`)・゚・。
肉眼では結構きれいだったのに。

夕飯は麻釉のカツカレー。
皿が大きいせいで、カツがちっちゃく見えるw

あとはブルベのお出迎えのために矢野口へ。

裏連光寺でブルベコースに合流しようかと思ったけど、
邪魔になりそうなので、尾根幹で。

足はなかったけど、杜の一番街北だけは頑張って登り、
自己ベスト更新。

鶴川街道に入っても、花火大会の影響はなく、矢野口ローソンに到着。
花火大会後ということでジョナサンが混んでいるらしく、こちらでゴール受付をやっていた。

スタッフさんにただいまーというと、手を出される。
「今回、レシートもらってない…」と答えると、
「違うよ。おみやげは?」って言われる。
「ごめん、サドルバッグがなかったから…」
「それじゃ、認定できないな」だって。

てことは…
お出迎えのみなさ~ん、おみやげ買ってくれば
認定してくれるらしいですよー!!


ゴールには小アンさんがいて、「お疲れ様でした!」と声をかけることに成功!
お出迎えのミッション、コンプリート♪

その後は、だいぶ前にゴールしていた黒澤さん、お出迎えのkskさんともご挨拶。

スマホを扱うモアイさんや、試走の時は雨だったのに…と愚痴る雨男さんがいて、
楽しいゴール地点でした。
まぁ300kmくらいだと参加者も悲壮感がないしねw

ミスコースしてカレー峠を登ったwというPIPIさんもゴールして、おしゃべり。

気づいたら23時近くになったので、解散。
ブルベスタッフさん、参加者&お見送り、お出迎えの皆さん、ありがとうございました。
あー楽しかった♪


帰宅したらAve.27km/hまで落ちてましたが何か?


ルート

2012年10月16日火曜日

20121014 吉見コスモスサイクリング

14日(日)は、吉見までコスモスを見に行って来ました。
前日しっかり走ったので、軽く回復走ってことで平地をチョイス。

集合時間の11:00に秋ヶ瀬公園に行ってみると、
ギルさん、さとうさんがいた。

あれ、ポンチャンたちは?
どうやらちょっと遅れているみたい…

くろ丸さんが来たあとで、ひらりん、ポンチャン、則さんが到着。

メンバーが揃ったところで、ギルさんの牽きで荒川を上流へ。

桜堤のところで、アドマーニに電話をするとランチOKとのことなので、
アドマーニへGO!(^_^)

ギルさん、くろ丸さんと同じテーブルになったので、
適当に頼んでみんなでシェアすることに。
サラダ

ミックスピザ

鶏ときのこのパスタ

ボンゴレロッソ

デザートのショートケーキ
久々のアドマーニ、美味しかった~(*^_^*)

コスモスを見に行くも、全体的には見頃はもう少し先っぽい…

曇っていて、肌寒くなってきたので、秋ヶ瀬に戻る。

途中ポツポツ降ってきたり、路面が濡れていたり…(;_;)

秋ヶ瀬公園は降っていなかったけど、雨雲がこっちに来ているらしいので、
そそくさと退散ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

寒かったので秋ヶ瀬橋を渡ったところでレインジャケット着用。

朝霞あたりは結構降っていて、テンションダウン(T_T)
けど、走るしかないので、我慢して走る。

青梅街道に着いた頃には路面も乾いていたので、
濡れたまま帰宅することにはならず一安心♪

美味しいものを食べれたし、楽しく走れたので回復走としてはOK( ´∀`)bグッ!

ルート

2012年10月15日月曜日

20121013 赤城山ツーリング

13日(土)は、CycleStyle Cafeのイベントで赤城山まで行って来ました。

8:30伊勢崎駅集合だったので、3:45出発。
4:00出発の予定だったけど、早く目が覚めたのでw

自転車準備したところ、思っていた以上に寒かったので、シューズカバー装着。
これで荷物が減った♪

交通量が少ない環八や青梅街道を走って、所沢で閉店間際のドンキを見たり。
珍しく調子が悪くないなぁと思いながらクルクル…

豊水橋からの景色
もうすぐ夜明け~♪
右上に月が写っています!

あそこの辺りが特に寒かったなぁ。
時間的にも日の出直前だったし…
指切りグローブだと指先が冷たかった(´Д⊂グスン

K30の田中の交差点でちょうど60km。
あと45kmを2時間30分を切るくらいか…余裕だな。

ブルベルートを使い、花園橋の手前で休憩し、R17からR462へ。

坂東大橋の手前の交差点に着くと、右側の道から右折していく自転車乗りが。
確信はなかったけど、「TETSUさーん!」と呼んでみる。

当たりでしたwww
もしかしたら自走で来るかなと思っていましたが、まさか合流できるとは…

聞いてみると、上尾でパンクして、本庄まで輪行したとのこと。
朝からご苦労様ですm(__)m

コンビニで一休憩して、8:20伊勢崎駅へ。
既に皆さんお揃いでした。

メンバーは、シン3さん、roakyさん、雨男さん、あんこさん、りえさん(ここまで山練メンバー)、TETSUさん、Ottyさん、naoさん。

roakyさんお手製のパウンドケーキをいただく。
しっとりとしていて、美味しい♪
来年はもう少し山練に参加しようかな(爆)

自走で来たご褒美ってことで余った一切れをもらっちゃいました!
赤城山登ったら食べることにして、背中にそーっとしまっておく。

とりあえずスタート。
えーと、登り口で集合するの?しないの?
よくわからんけど、ルートはGPSに入っているからなんとかなるか。

後方警備するわけではないけど、一番後ろで進行。

そばの花かな?

数kmでトイレに行きたくなったので、途中のデイリーストアにピットイン、
「トイレ行ってくる。先行ってていいよー」とシン3さんに伝えておく。

トイレ行って出てくるとホントにいない…レッドブルドーピングをして、追走開始するも、
向かい風&登り基調( ;∀;)

あまり遅くなるのも良くないと思ったので、結構頑張って追う(*当社比)
ローディーがいたので、牽いてもらおうかと思ったけど、こっちが追いついている以上、
それも期待できないので、パス。

後ろに付かれたので、斜度が上がるところを見計らって踏む。
ふっ、千切ったったw(無駄足を使ったとも言うw)

りえさん、roakyさんに追いついてので、一安心。
…と思ったのもつかの間。。。

なんかルート外れてる。
けど、roakyさんは赤城山の常連だから任せとけばいいか、と思って黙っていたら、
「え?ここ左折??」

その先は細くて、舗装が悪くて、登っている道=roakyさん好みの道
その手前からGPSをちらちら見ていたから嫌な予感はしてたんだ、うん。

しまいには砂利道にぶち当たったので、「はい、Uターン!」と声掛けして引き返す。
黙っていると砂利道に突き進みますからねw

正規ルートに戻るのになぜかやたらと下った。
もしかしたら無駄に登ったのかもしれない。
けど、皆が見ていない景色を楽しめたと思えば、それもまたアリかと…

三夜沢町の交差点が登り口。
さて、インナーに落としましょ♪あと200km走るのにアウターはちょっと厳しい。
34×21でいけば、39×25のroakyさんより重いギアだね(謎)

赤城神社の手前はツツジのトンネルとか、ここから本格的な登りとか、
roakyさんに教えてもらいながら登っていく。

りえさんのスタート地点を右折してからはroakyさんと二人旅。

キャンプ場の自販機にTETSUさんとOttyさんがいたけど、
地元のOttyさんが一緒なら大丈夫でしょってことで、挨拶だけしてパス。

意外と下りが出てきたり、斜度がコロコロ変わったりして、落ち着かない道だ…
ダンシングを混ぜながら登るにはちょうど良い感じなので、ゆるゆる登っていく。

展望台あたりでシン3さん、naoさんに追いつく。
ひっそり追いついたので、naoさんびっくりしてたw

紅葉発見!
走りながら撮ったから、微妙だな(^_^;)

展望台のところは斜度がきつかったけど、それも一瞬だけ。
いつもより重いギア&自転車でペースが落ちたroakyさんと別れ、
前方の雨男さん&あんこさんを追う。
ラスト2kmくらい、どれくらい離れているかわからないけど行けるだけ行ってみる。

頂上が近づくにつれて、景色が開けてくるものの、それと同時に強い風に悩まされる。

先の方に2人の姿が見えたので、最後のひと踏ん張り!
なんとか追いついた…

ペースアップした区間は短かったけど、心拍が180を越えたのは久々。

あとは喋りながら頂上へ。
結局23には落とさず、65分ほどで牛首峠に到着。

さて、パウンドケーキ♪と思ったけど、頂上も風が強かったので、
先にウインドブレーカーを着ておく。

雨男さんが迎えに行って下っていったけど、naoさんを連れてきただけ。
あれ、他の人は?www

みんな揃ったところで、標高差30m下って100m登り返し。
登り返しの斜度が10%とか…きついよ(つд⊂)エーン

下るときにアウターに入れてしまったので、
そのまま登って行くも八丁峠に着く頃にはヘロヘロ…

大沼まで下って、トイレ休憩。
下る途中で雨男さんとあんこさんに華麗に抜かれました…
下り遅くてすみませんすみません…

ちょっと冷えたのと、カロリーが欲しかったので、ホットココアを補給。

大沼からちょっと登って下り。
下りが速いりえさんが後ろにいたので、緊張した~w

下ったら、皆さんウインドブレーカー脱ぎ終わってましたね。
下り遅くて本当にすみませんm(__)m

広域農道に左折して、3km弱の登り返し。
roakyさんが後ろを走ると言っていたので、先頭集団の方に付いていく。
喋りながらとはいえ、山練メンバー+naoさんって、なんかすごいな。

ただね…

roakyさんが赤城山を登りながら言っていたんですよ…

「みんな赤城山がメインだと思って登っているけど、
その後にも登りはある。そこで…( ̄ー ̄)ニヤリ」

ここがその登りだということはわかっていた。というか自分も同じ考えだったwww

半分くらい登ったところで、するすると後ろから上がってきたroakyさん、
そのまま前に出ていったので追走し、先行してみる。
一旦上げたペースを落とすのもなんだったので、そのままピークまで。

せっかくなので、ピークでは撮影班ごっこ。
猛スピードで駆け抜けるポルシェGT3は撮り逃がしたwww

のんびり下って「奥利根ワイナリー」に到着。
ワイナリーランチ。


半パスタ+半グラタンだそうですが、グラタンは半分じゃないと思うw

デザートのアイスもいただいて、お腹いっぱい♪
バニラアイスのブルーベリーソースがけ

林道はカットしてそのまま国道で、あとは下り基調です、って話だったので、
あとはのほほ~んと帰るのねと思っていた…

登り返しがいくつも出てくるのは山練のお約束。
それは別に構わない。

それ以上にまずかったのは下り。
登りでついていけなかった腹いせに企画者が牽きまくり。。。

コーナーのたびに引き離されて、登り返しで踏んで追いつくの繰り返し。
レースだったら絶対勝てない展開だなぁ、と思いながら付いていく。

付いて行かなければ、後ろの集団に拾ってもらえるんですが、せっかくの機会なので…(^^ゞ

途中で「Defeetのグローブ落とした人いない~?」とroakyさんの声が。
いつの間に追いついたの?って思ったけど、登りのペースがゆっくりだったからと聞いて納得。

ポケットを確認したら、あるはずのグローブがなかったので、自分のだと申告し、
受け取る。ありがとうございましたm(__)m

登り返しで「あ"~下り速いよー、登りの方が楽だ~」となんとか追いつくと、
「お、良く付いてきてるね~(・∀・)ニヤニヤ」だって…(#^ω^)ビキビキ

というわけで、やったったw
アイス休憩するというのでその手前の大きめの登りでアタック。

180km走った後の脚だったので思うようにはいかなかったけど、
アイスを美味しく食べるための運動としては上々かな。

大胡ぐりーんふらわー牧場」でソフトクリーム。
牧場直営ならこの味でしょ、当然♪

外で食べて、みんな寒い寒いって言ってたね。
店内で食べれたのに…

自分はちゃんとしたインナーを着ていたので、別に寒くなかったけど…w

帰り道に撮った赤城山。
楽しかったよ~♪

伊勢崎駅に戻って、解散。
光の具合が良い感じ♪

<伊勢崎駅での話>
夜の荒川を自走するぜ!(^^)v

いや、本庄まで自走で…(^.^;

りえさんの車に乗せてもらう( ー`дー´)キリッ
っと、30分間に心変わりを繰り返すTETSUさんを「意志が弱いなぁ」といじって遊ぶ。

さらには、roakyさんの輪行講座を受講。
聞いてみても、輪行経験がないから「ふーん…」くらいにしか思わなかったな。。

17:20頃ようやく伊勢崎駅出発。
往路はブルベルートで交通量が少なかったけど、
暗い中走るのはちょっとって感じだったので、
R17経由で熊谷まで。

深谷バイパスはちょっと追い風で走り易かったなぁ。
R407は車が少なくて、これまたGood!

いい道を選びましたなぁ、と自分を褒めてみる。
他に誰も褒めてくれないので( ゚∀゚)アハハ

西所沢の「シュリーガネーシャ」で夕飯を食べることに。
チキンカレーと豆カレーのセット
辛さはホットでって言ったら、チキンの方は結構辛かった(;´Д`)

所沢街道に入ってすぐに眠気が…
時計を確認すると、あーやっぱりって時間だった。
だいたい18時間くらいで眠くなるんだよね。

というわけで、眠気対策に青梅街道からは素手部で帰宅。

帰ってみたら、その時に外した指切りグローブがなかった…orz
また、落としたみたい(^_^;)

家を出てからちょうど19時間くらいで帰宅。
320km走ってこの時間なら、ブルベ的には時間内ゴールだ。

アプローチの平地がめんどくさいので、なかなか足が向かない北関東ですが、
仲間と一緒に走れて楽しかった♪

ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました(^_^)

ルート

2012年10月11日木曜日

20121007 イベントの裏側でこっそり…

7日(日)は、大門峠や八ヶ岳を走って来ました。
BRM1006神奈川600やグランフォンド八ヶ岳が開催されてましたね。

BRMの方はエントリーを考えたけど、大門峠を往復するのが許せなかったので、
エントリーせず。どちらかが女神湖経由ならエントリーしてたかも…

6時に携帯の目覚ましをかけたつもりが「月~金のみ」の設定になっており、
機能せず…orz

でも、7時前には目が覚めたし、その時点で路面がウエットだったから、結果オーライ。
窓を開けたら思いの外、寒かったのでシューズカバーを使うことを決意。

さらに、素泊まりの方も味噌汁とかコーヒはご自由にって、前日に言われていたけど、
朝になったら、「他のお客さんは7:30過ぎないと来ないから、良かったら食べて行って」と。

ふきの煮物、大豆の味噌和え、ナスとピーマンの素揚げに味噌をつけるもの、ミニトマト、
ご飯、梅干し、味噌汁とメインディッシュ以外は出していただいた♪

出発しようとしたら、視線を感じた…
お、おはよう…

平地を10kmほど走ったところから、登り始める。
距離30km、標高差1400mのヒルクライム。

登り口の手前でレッドブル投入w
朝っぱらからですが、本日のメインの前なので…

美笹温泉からは蓼科スカイラインを17km登る。
有料道路だった道なので道幅はあるし、路面もきれい。

車がほとんど来ないし、淡々と登れる。
ここ、いいわー(・∀・)
ちょっと青空が見えた

白樺が生えている=標高が高い
確か1700mあたり

一瞬の下りの後、10%の直登にビビったけど、それ以外はマイルドな登り。
時々ダンシングするだけで、止まることなく大河原峠へ。

さすがに標高2096mは寒いねw
今年、最初で最後の2000mオーバーかも。

というか、1700mあたりからは登っていても風が吹くとちょっと冷えたw
シューズカバー以外は夏装備だったからなぁ(*´∀`)

冬用のインナー、ネックウォーマー、ウインドブレーカーを追加して、Defeetの軍手も。
これだけあれば、0度でも下れる♪

写真だけ撮ってさっさと下ろう、と思っていたけど、売店の前の看板に
「おしるこ 200円」の文字が…

はい、吸い込まれましたw
中にはだるまストーブがあって、温かい!

おしるこには栗も入っていて、温まった~!

看板の前で写真を撮って、女神湖方面に下る。
下り始めてすぐに紅葉が見えた。
さすがに標高が高いと紅葉も早いなぁ。

せっかくなので女神湖を一周してみるも、特にめぼしいものはなく…
いや、女神湖越しに紅葉でも見れたらと思ったんですがね、まだまだでしたorz

白樺湖のローソンで、おにぎりを食べて、霧ケ峰へ向かう。
前日夜は雨だったという大門峠からは青空も見えて、日頃の行いの良さを実感w

大門峠の先にあった温度計が10度だった。
ということは、500m高い大河原峠は5度切ってた?

霧ヶ峰までの登りはなぜか追い風だったので、はぁはぁすることもなく、
景色を楽しむことができた!
ススキと青空

白樺湖を望む


青空に向かって曲がれ~!


一角だけ青々としているなぁ

こっち側から霧ヶ峰に向かうのは初めてだったけど、景色の良さは逆から下った方がいいね。

霧の駅に着くと、人がいっぱい!
こんなに人がいるのは初めて、と思ったけど、今までは8時とかに来ていたから、
人が少なかったのか?

ジョッキ牛乳ぷは~

下りは、その後のことを考えて、池のくるみ経由で。

ビーナスラインを走っていたら、後方で異音が。
振り向いたら泥よけがポロリ…拾ってみるとナットがない…
仕方ないので、背中のポケットに泥除けを差して走ることにw

八ヶ岳エコーラインを南下していると、追い風らしく、緩い登りはグイグイ登れて楽しい。

その代わり、進路が変わると平地なのにペースダウン…
やっぱ脚はないのね…風だけが頼りです( ー`дー´)キリッ

ランチに「ベルグ」へ。
イートインもあるので、気温が低くても安心。
まぁ、この頃は日差しもあったので、外でも大丈夫でしたが…
ベーコンエピ、メープルデニッシュ、クリームパン。
飲み物はりんごジュース。長野ですからw

食後は順調に下って、山梨県に入る。
道路の名称が八ヶ岳高原ラインになる。今までは八ヶ岳鉢巻道路だったのに…

T字路の信号で止まるとローディーが次々と下っていく。
グランフォンド八ヶ岳の方々だろう。

その流れに逆らうようにノロノロと登っていく。
対向車線を颯爽と下ってくるのがうらやましい…

知り合いが来ないか探してみるも、向こうが気づくはずはないと思い、断念…

予定では清泉寮でソフトクリームでも…と思っていたけど、どうも雲行きが良くない。
ヘロヘロ登った挙句、雨に降られたらかなわないので、下山開始w

ヒャッハーーーーと下り、フェアリーに寄ってみるも、お目当てのクリームパンは売ってなかった…
まぁ、人気商品らしいので仕方ない。

久々に明るいR141を走り、金精軒で生信玄餅を自宅に送り、甲府方面へ。

GPSを見ながらR20を回避して進む。
嫌いではないけど、好き好んで走る道でもないので…

そんな感じで走っていると、ご褒美が。
夕焼け~♪

今まで行ったことがなかった甲府の善光寺。

夕暮れ時だったので、中には入らず。
次来るときは善光寺をはしごする形で来ようっと。

善光寺のそばの樹木はこんなカタチのものばかりだった。
車道側は刈り込まれているのね…
変なのwww

食事は石和の「大三元」で。
炎のラーメン

プリップリエビ春巻き
楽しく登れたし、景色を楽しむことができて、楽しい1日でした!

ルート