2013年3月12日火曜日

20130309 TK山練@白石峠に参加

9日(土)は、TK.SIOさん主催の山練にドタ参して来ました。

BRMしおかつおのお見送り→河津桜の350kmコースや、
足柄峠→戸田峠→修善寺梅林のコースも考えたけど、
前日からの膝痛に日和ってパスすることに。

朝起きてもちょっと痛みがあったけど、自転車に乗れるのはわかっているので、
山練へのドタ参を決意。
長い登りはダメっぽかったので、平地要員のつもりで行く。

南風が吹いて、気温が上がるって予報だったのに、
朝は西寄りの北風…

それに加えて環八が渋滞気味で、時間が…

秋ヶ瀬橋から羽根倉橋下の集合場所までは向かい風の中を踏み倒して、
オンタイム到着!

平地なのに心拍190超えてた…(;´Д`)ゲロゲロ

ちょうど出発するところだったようで、クリートを外すことなく再出発。
今日のメンバーはTK.SIOさん、ギルさん、はらぽんさん、
そして、TK.SIOさんの知り合いだというお初のIZさん。

IZさんは実業団レーサーとのことで、多めに先頭を牽いてくださるとのこと。
レーサーの方と走るなんて年に何回もない貴重な機会なので、
短い登りも頑張ることにした。

そこそこの向かい風の荒川CRを30km/hちょっとで進む。
あれ、平地から結構強度高くないですか(・。・;

特にギルさんが先頭に出るとちょっとペースが上がっているような…
自分の後がギルさんという順番だったので、結構大変だった。

トモローの信号でストップしたところで、少し回復。

関越道をくぐった後で、TK.SIOさんがIZさんに何か話をしている。
「…鳥居から登り、距離は800mくらい」
↑清澄坂の説明をしてたみたい。

鳥居が近づいてきたところで、TK.SIOさんが前に来てココからスタートと言って、
アタック開始!

鳥居の場所に驚きながらも、捨て身で牽いてくれるTK.SIOさんに付いていく。

位置的には、TK.SIOさん、IZさんの後ろに自分。
…ポジション的には良い感じ♪

200mほどTKさんに牽いてもらい、IZさんに付いたまま前に出る。
ラスト200mあたりのところで、IZさんがギアを落としたところで、
アタック!!

登りで200mを残してアタックなんて、届くはずはない。
けど、最後が左カーブなので、姿が見えなくなるところまでいければ
初めて登るというIZさんに勝てるかも♪という甘い考えで踏み踏み…

最後は垂れたけど、なんとか先頭で登り切った…
心拍は199を記録してた。もう無理~

*お二人のおかげでSTRAVAの清澄坂セクションでKOM獲れましたm(__)m

ゴルフ場前で後続を待っている間に、「いい発射台になっちゃいましたね^_^;」と
IZさんに言われてしまった。

玉川工業高校の坂もTK.SIOさんが口火を切る形でアタック合戦。
IZさんの後ろにいたものの、一瞬反応が遅れたので、
追いつくために早めにダンシング開始。

2人に追いついたけど、一旦落として、踏み直すなんて器用なことはできないので、
先に仕掛けてみる。

…ええ、頂上までは持たないです、絶対にw
それでも「速っ!」って後ろから声が聞こえたときはちょっと嬉しかった(´∀`*)ポッ

その後、ちらっとメーターに目をやると、自分でも驚くくらいに速かったw

心拍もだけど、脚もいっぱいいっぱい。
コーナーに差し掛かったときに右足が攣りそうになったので、自粛。

IZさんにダンシングで抜かれて終了(ノД`)シクシク
後で「久々にあんなにもがきました」と言われたので、
接待としてはOKでしょう(謎)

明覚のデイリーでお初の細マッチョさんと合流。
名前負けせず、細いし若いなぁ。←実は同い年だったw

補給後、白石へのアプローチはIZさん以外はゆっくりだったのに、
心拍は170越えたまま、下がってこない…

2kmごとに170、175、180と心拍ベースで登ろうと思ったけど、これじゃ無理w

2km地点でIZさんからちぎれる。
といっても、付いていったのは500mくらいだけどね(爆)

なんとか見える位置で…と思ったけど、脚がピクッとなったので、終了ー。
TK.SIOさん、はらぽんさん、細マッチョさんに追いつかれて、
途中の片側通行の信号でストップ。

自分だけ「ヤッター!」と喜んでたのは本音です。

再スタート後ははらぽんさんとしゃべりながら、ゴールまで。
途中、登り返すIZさんとすれ違った。

止まった時間を差し引いても、32分と自己ワーストのタイムだったw
インナー36で初めてまともに登ったけど、脚がなかったから34との違いはわからず…

全員登頂したところで、集合写真撮影。
photo by ギルさん

ここで、白石峠を下る組と秩父に行く組に別れた。
どっちでも良かったけど、同じ道を戻るのは好きじゃないので、
はらぽんさん、IZさんとともに秩父組へ。

定峰峠方面に下り始めて、100mくらい行った所で、轍以外は雪、
轍部分も滑り止め用の砂が撒かれているのが見えたので、
「やっぱ、引き返します!」と言って、はらぽんさんとお別れ。
パンクと落車のリスクが高いのは回避したいので…

IZさんと白石峠を下り、TK.SIOさんたちと合流。
越生梅林の下見に行くというので、付いていくことに。

IZさんとはここでお別れ。

宿の交差点を右折し、梨花CCへの登り。
たぶん3回目だけど、前回来たのがいつか覚えてないw

神社の脇から登って、左折できるT字路がゴールってことは聞いたので、
細マッチョさんとしゃべりながら登る。

途中でTK.SIOさんが仕掛けてきたので、ゴールまでとりあえず逃げておいた。
攣りそうだった脚は問題なかったな。

オプション(というかTK.SIOさんの独断?w)で追加された弓立山も
TK.SIOさんと競いながら登る。

「今、何ワットくらいですか?」とか声をかけつつ、のんびりいこうと思ったら、
「これで(体重比)3倍!」、「4倍!!」とかどんどんペースを上げていくTK.SIOさん。
…界王拳じゃないんだから、勘弁して下さいw

ゲートを通過して、道幅の狭いコンクリート舗装が始まる前にアタック!

なんとか頂上まで逃げ切り成功!
はぁ、お腹空いた…

越生梅林で梅をチラ見。
見頃はもう少し先~

甚五郎」で昼食。初めて来たー、
さくはなうどんの中盛

食後は向かい風の中をローテしながら進む。
清澄坂も早俣橋もアタックなし…気持ち悪いくらい平和だw

ここからは平地要員として、少し長めに牽いてみる。
といっても、足を使わないくらいの負荷だったけど…

圏央道沿いを走って、荒川CRに出た所で細マッチョさんとお別れ。
上流に向かって走る細マッチョさんがうらやましい~!

向かい風の荒川を走って、上江橋でTKさんとお別れ。
指扇のセブンで一休憩して、R17バイパスでギルさんとお別れ。

ショップに寄って、あとは適当に走って帰宅。

秋ヶ瀬橋から見た夕日

ルート
コメントを投稿