2014年7月31日木曜日

20140726 長野サイクリング1日目

26日から夏休みだったので、泊まりがけで走ってきました。

梅雨時の走り込み不足のせいで不安があったけど、
ルーベに手組ホイールを投入したのは、
泊まりがけサイクリングのためだったので決行!

初日の26日(土)は、佐久まで。
まぁ、移動日です^^;

いつも同じコースだとつまらないので、今回も少しコースを変えました。

松郷峠を越えたところでひまわり発見。
天気良し!

藤岡市で見つけた看板。
あのー、水が欲しいんですけど…

土と火の里は道の駅のような感じで、食事可能な施設でした。
土と火の里に咲いてたやまゆり

県道沿いにあった湧き水。
カタカナ書きで怪しさ満点だけど、飲みましたw

車がほとんど通らない県道を進むと…
やまゆり&ガクアジサイを発見

さらに進むと、石碑発見。
県道昇格記念の碑でした。
おめでとうございます!

この辺り、名前はあるけど、名無しなのか…
というか、名無村の上日野ではないのか?

名もないピーク(10km、4.5%なので、立派な峠w)を過ぎて、甘楽町に入ったところから撮影。
向こうの斜面には民家が見えるなー

謎の標識発見。
雑すぎるw

頂上手前の斜度にやられつつ、藤田峠に到着。
小さく峠の名前が書いてある^^;

藤田峠の反対側は道が狭くて激坂でした。
対向車とすれ違うのに気を使うくらい…

藤田峠を下れば、すぐに下仁田に着くから、セブンイレブンで休憩しよう…
そう思って走っていると、なんか登っていくぞ。

結局小さな峠越えを含めて10km走ってセブンイレブンに到着。
誰だよ、こんなコースにしたの(#・∀・)

ここまで60kmコンビニはなかった(^_^;)
商店や自販機はあったけどね。

南牧川を眺める。
別の場所では子どもたちが遊んでました

道の駅オアシスなんもくでソフトクリーム
あっさりしてて美味しかった

下仁田からは追い風だったので、快調に南牧村を走行。
屋根が木材だ♪

蝉の渓谷で休憩。
日陰&風で涼しかった♪

ここの上流はもっと幅広いのに…

180km以上走って、ようやく本日メインの田口峠へ。
2回目だし、距離もメモしてきたから、余裕余裕♪

…と思っていたら、序盤がキツイぞ。
こんな感じだったっけ(・・?

つづら折れゾーンに入ると斜度が緩んだので、一安心。
木の間から見える細かいつづら折れ
 無事に登り切った!
バックに見える山はなんだろう?

下ると雨川砂防ダムに着いた。
峠越えたら天気が良いなぁ!

水の色がきれい

追い風に押されて、臼田まであっという間に下りきる。

響家」でちょっと早い夕食。
梅ちらし牛しゃぶ冷麺

夏にぴったりなさっぱりメニューでした♪

特に不調な箇所もなく、初日は無事終了。

ルート(大小合わせると7つ?の峠越え)

2014年7月23日水曜日

20140721 TK山練(白石峠)

21日(祝)は、TK山練に行ってきました。
当日の朝、雨雲レーダーを見たら、神奈川方面に雨雲がかかっていたので、
急遽埼玉方面に行くことに。

直前で行き先を変更したので、ホイールはコスカボのまま…
まぁ、なんとかなるだろう。

上江橋のセブンで、TKさん、ギルさん、じゅんぢさんと合流。

いつもより少し速い速度で平地を進む。
コスカボで良かったかも(汗)

清澄坂はTKさんの発射台をやることになったので、
後ろからの指示で、ペースをコントロール。

ラスト100mまで引っ張って、TKさんを発射!…と思ったら、来ない(・・?
この時点で心拍は190だったけど、前に人参がいたので、
ダンシングで差し切ってゴール。

あー、疲れた…^^;

●清澄坂 800m 39m 1分28秒 ave186bpm max199bpm

玉川工業の坂はTKさんと協議の上、平和に通過w
その前の平地で足が攣りそうになっていたので、助かったε-(´∀`*)ホッ

田中のセブンで休憩後、本日のメインディッシュである白石峠へ向かう。

ギルさん、TKさんがスタートした後に、じゅんぢさんと共にスタート。
脚は余裕がないので無理に踏まないようにして、心拍一定で登るように心がける。
なかなか心拍が下がらないけど、それほど苦しくなかったので、180目安で。

1/3の地点では、25分台のペース。

TKさんが妙に上げ下げしてるのが気になったけど、
惑わされないように心拍を見てマイペースで進む。

半分の地点で、27分切りのペース。

ここでTKさんをパスして、独走開始。
といっても、心拍を見て走るだけなので、やることは変わらずw

ラスト2kmあたりでキャノンデール乗りに追いつき、休憩( ´ー`)フゥー...
脚に余裕があれば後ろに付くことなくパスするけど、
今日はベストを狙う感じではないので、まったり。

心拍170あたりまで下げて追走し、ラスト1.2kmでパス。
これ以上のんびりしていると後ろが来そうなので…

ラスト100mはスパートしてゴール、手元の計測で27:05。
途中でサボったせいで27分超えてしまったorz

●白石峠 距離6.4km 標高差531m 27分05秒 ave180bpm max189bpm
サボったところがよく分かるw

清澄の後に攣りかけた脚は、白石では異常なし♪

22度の白石頂上に別れを告げ、蒸し暑い下界に下りて、「あたご」でランチ。
冷汁

高坂のスプリントポイントは、TKさんに付いて行くので精一杯。
短時間&高強度のアタックはやはり苦手…

その後上大屋敷コンビニの日陰で休憩し、上江橋でTKさんとお別れ。
3人で秋ヶ瀬で談笑後、向かい風の中を帰宅。
1人になってからのラスト20kmは脚がなくて、ヘロヘロでした^_^;

ご一緒してくれたみなさん、ありがとうございました。

ルート

2014年7月17日木曜日

20140712 河口湖まで避暑サイクリング

12日(土)は、河口湖までラベンダーを見に行ってきました。
東京は33度とかって予報だったので、平地にはいられない…

早朝、都下で雨が降っているという情報があったので、
スタートを遅らせて6時にする。

夏休みに連日走行できるように、「ペースを抑えめで走る練習」がテーマ。
ということで、尾根幹もゆるゆるクリア。

相模原北公園そばでひまわり発見♪
ついでに先週痛めた右膝裏の違和感が消えないので、クリート位置を調整。
バックには青空&アガパンサス

道志みちものんびり走って、「ほたる」で豆乳ソフト。
これは外せない!

山伏峠はちょっと踏むも全然ダメ…
負荷が上がると体がついてこないorz

花の都公園に行くと、ポピーが咲いてた。
青空バックでローアングルから

木漏れ日の中を走る。
実に気持ち良い♪

河口湖手前の「新潟屋」で肉ライス。
この日は12:30で売り切れ閉店でした^_^;
間に合って良かった~

八木崎公園のラベンダー

いい香りでした♪
ちょっと変わった色のガクアジサイ発見。
スプレーで吹きつけたみたい

河口湖を時計回りに回っていくと、富士山が顔を出し始める。
左の裾野にかかる雲が邪魔ー!

大石公園からはこの景色!
富士山とラベンダー

午後になってから富士山が見えるようになるとは珍しいなーと思っていると、
10分後には雲が出てきた^^;
運が良かっただけかw

国道を迂回するために仕方なくアムール峠へ。
きついからイヤなんだけどねー。
*この辺りから足を残しながら走ることを忘れ始める…w
序盤は意外とイケるかも?って思ったけど、中盤以降撃沈…

山伏峠は緩斜面をいい感じで走れたので、Ave.30km/h超え達成♪

道志みちの下りもそこそこ頑張る(あくまで当社比)。

堅谷戸大橋@尾根幹から見た夕焼け
きれいな空でした

本当は多摩サイで夕焼けを見るつもりだったけど、
町田街道のコンビニでグダグダしてたら、間に合わなかったw

右膝は自転車乗る分には痛くないけど、歩くとちょっと痛い。
まぁ、自転車には乗れるから放っておくことにする^_^;

ルート

2014年7月14日月曜日

20140713 行田・古代蓮の里へ

13(日)は、行田まで蓮を見に行ってきました。

古代蓮の里に8時集合とのことだったので、5時に出発。
60kmくらいだから余裕で間に合う計算だった。

なのに、現地に着いたらメーターは70kmの表示…(・・?
入間大橋スタートのルートを引いたのに、秋ヶ瀬までの距離と合算したことが原因だった模様。

風もなく、コスカボを使ったので、オンタイム到着!結果オーライだなw

ピンクが濃い

白い蓮

花が開くと色が薄くなるのか?

今度は露出オーバーじゃないw

ローアングルから

葉っぱに囲まれて

八重咲き

蓮の葉は水を弾く

奥まで蓮だらけ

蕾もあった

茎が曲がってる

一面蓮だらけ

シャイなのかな?w

ポツンと咲いてた

到着から30分して、ようやくみゅうさんと合流できた。
会場が広すぎる…

蓮はきれいだったので、次回はクリートカバー持参で行く!(^^;)

みゅうさんの案内で熊谷のパン屋に向かうも、なんと休業!
他にアテもないので、「慈げん」で荒川オフ組みを待ち伏せすることに。

9:30に到着すると、一番乗りでした♪
荒川オフのみなさんも20分後くらいにきたので、一緒に待つことに。

2時間待ってようやく開店!
杏のかき氷

ふわふわの氷と果肉たっぷりのシロップが美味しかった!

お腹が空いたので、荒川オフに混じって、昼食場所「由す美」へ移動。
カツカレーうどん

食後はヘルシーロードで帰る荒川オフ組みに別れを告げて、みゅうさんとともに荒川CRへ。
予報通りの適度な向かい風の中を走って、明るいうちに帰宅。

ルート